神戸松蔭女子学院大学

研究所紹介


神戸松蔭言語科学研究所 Kobe Shoin Institute for Linguistic Sciences

神戸松蔭言語科学研究所は、言語研究の諸分野の専門研究を進めると共に、その関連分野についての研究を深め、また、他機関との交流をはかることを目的として大学の学内機関として1998年5月1日に設置されました。

研究所は,設置以来 その紀要として Theoretical and Applied Linguistics (TALKS)を刊行しており,「トークス」の呼び名で親しまれ,国内外に多くの読者を誇っています。

神戸松蔭言語科学研究所は2000年以来 神戸・大阪地区の言語研究に携わる諸機関と連携して KACL (Kobe Area Circle of Linguistics) の拠点として活動しています。

また研究所は2009年〜2012年に関西言語学会の事務局をつとめ,同学会の発展に貢献しました。

研究所は,客員研究所員,研修員,研修生 として学外の研究者に研究の場を提供しています。2014年度から,研究所に所属の研究者(研修員,研修生,大学院生)が紀要 TALKS に投稿することも可能になりました。関心をお持ちの方は研究所にお問い合わせ下さい。

Early Events and Activities

TALKS No. 1〜3 (1998〜2000) には巻末に Events and Activities という記事でその年の活動を報告していました。研究所設置当時の活動,日本言語学会大会の開催,大学院の設置,コロキアムの開催など,興味深い内容が見られます。

Events and Activitites 1998 | 1999 | 2000

神戸松蔭言語科学研究所へのアクセス

大学へのアクセスはこちらです。>>神戸松蔭女子学院大学へのアクセス