日本語のかき混ぜ

郡司 隆男


本稿は、文を作るときの文字列操作として、通常の連接 (concatenation) の他に併包 (wrap) と呼ぶ形態音韻的操作があることを仮定して、日本語 のいわゆる「かき混ぜ」構文を記述した場合、「かき混ぜ」と他の現象と の絡みでどのような一般化ができるかを考察する。具体的にとりあげるの は代名詞の束縛と、いわゆる浮遊数量詞であるが、どちらの場合にも、併 包が連接に比べて有標であるとすると、それぞれの現象に関わる別の種類 の有標性との相乗効果で、文全体の容認度が決定されることを論じる。

 
英文要約
Back to TALKS top page (English)
Back to TALKS Japanese page
Backto SILS top page