HPSG における音韻情報のタイプ継承と制約

松井 理直


情報の構造化は、認知機構の処理する情報のエントロピーの 減少として捉えることができる。情報が構造化されるにつれ、 エントロピーが減少し、探索に必要な範囲が限定されていく。 こうした認知機構の情報構造化過程を形式的に表現する 方法の一つに、タイプ継承という手法がある。本研究は、主辞句構造 文法 (HPSG) における音韻情報の構造と制約の相互作用を、タイプ継承と いう点から議論したものである。

 
英文要約
Back to TALKS top page (English)
Back to TALKS Japanese page
Backto SILS top page