音声自然降下の知覚的補正に関する予備的研究

松井 理直


本研究は、東京方言に見られる音声自然降下がどのように 補正されているかを実験的に検討したものである。その結果、 (1) どのような自然降下においても、アクセントの知覚様式は 範疇的知覚様式になること、(2) 自然降下によって知覚境界の 引き下げが起こること、(3) ただしそのシフト幅は自然降下の 割合を十分に補正するほど強くはないこと、が確認された。

 
英文要約
Back to TALKS top page (English)
Back to TALKS Japanese page
Backto SILS top page