量化研究の概要

郡司 隆男


本稿は2000年11月25日に開かれた日本言語学会第121回大会公開シンポジウム 「量化---意味論は行き詰まっているか」における発表の概要である。 本発表では、自然言語における量化の扱いを概観した。まず命題論理のもつ 問題点と述語論理の必要性を指摘した後、量化の概念が一般化量化子の アプローチで拡大されることを見た。後半はロバ文と呼ばれている現象の 扱いに絞り、談話表示理論、E-type 代名詞、動的意味論などの主なアプローチを 概説した

 
英文要約
Back to TALKS top page (English)
Back to TALKS Japanese page
Backto SILS top page