日本語の名詞句に関するメモ

郡司 隆男


本稿では、日本語の名詞の意味論を基本的に、個体 (object) でなく種(kind) を指すとする立場に立ち、個体の項を要求する動詞は、語彙規則によって異な るタイプの項をとる動詞となるという分析を示す。この考え方は意味論的に type shift として知られているものであるが、本稿では語彙主義の立場に立 ち、統語論との密接な関係のもとに形式化を試みる。また、逆に、種の項を要 求する動詞が個体に対応する項をとる場合もあるという現象を指摘し、逆方向 に働く語彙規則を提案する。これらを組み合わせることにより、個体を項とし てとる動詞の非同一指示という現象も自動的に説明される。

 
英文要約
Back to TALKS top page (English)
Back to TALKS Japanese page
Backto SILS top page