10 代の文法と変異

松田 謙次郎


近年欧米の計量社会言語学では、言語習得について数多くの研究が なされつつあり、幼児期においてすでに大人の変異が習得されてい る事実を見出し、また逆に一生近くかかって習得される変異の存在 を明らかにしている。しかしながら、例え10代であっても、20代以 上の話者の文法とは根本的な差があるとする考えもある。ここでは 10代の文法に的を絞り、東京語格助詞「を」の変異データに基づい て10代の変異状況を調べることで、20代以上の「大人」と10代の文 法の差異を探る。方法としては、「を」の変異の中心的要因であっ た、「目的語名詞句と動詞の隣接性」、「目的語名詞句の形式差」、 「スタイル差」の3要因について10代話者内のゆれ、そして大人話 者との差異を検討する方法を採用した。結論として、大人話者で強 力な要因であるものは10代話者でも同様な働きをしているが、スタ イルのような社会性の高いものになると両者間で乖離が見られると いうことが明らかになった。

Abstract in English
Back to TALKS top page
Back to TALKS Japanese page
Backto SILS top page